鶴岡市で歯周病に取り組む石田おさむ歯科医院は歯周病、インプラント、予防を専門としています
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

当院での歯周病治療

当院での歯周病治療の流れについて

問診

image-nagare007.gif

各種検査

(レントゲン撮影、歯周組織検査、位相差顕微鏡検査、唾液・歯垢検査等)

image-nagare007.gif

診断およびリスク判定

(治療法の選択)

image-nagare007.gif

治療開始

(治療期間は症状により1W~概ね3か月)

image-nagare007.gif

評価

(むし歯や欠損を補う治療を要する場合には計画に基づき治療)

image-nagare007.gif

メンテナンス

(治療後の評価の結果、改善が見られた時点で疾病の再発防止と咬合機能維持のため3か月ごと管理)

※当院では初診の際に、症状や歯科の既往歴、治療に対するご希望など詳しくお話を伺います。その後、レントゲン撮影や歯周組織検査、位相差顕微鏡検査で病態の把握と診断を行います。

治療計画の立案

次に診断に基づいて治療計画を立案し、治療方法や治療期間・費用についてご説明いたします。承諾を頂いたのちに治療開始となります。

歯周病治療については、一般治療、歯周内科治療、機能水を用いた治療、ドラッグデリバリーによる除菌等、病態に合わせた治療を行います。

軽度ならば早く改善

初期から中等度程度の歯周病の方の場合には、1週間から10日ほどで多くの方の症状が改善します。

中等度から重度の方の場合には、1か月から3カ月程度の治療期間を要することが多いようです。また、重度の歯周病でやむなく歯を喪失してしまった場合には、欠損を補う処置も併せて行っていきますので状態により治療期間の延長も考慮が必要です。

改善しても再発の可能性がある

歯周病は、細菌の感染で生じる口腔感染症です。そのため、一旦症状が改善しても再発の可能性が否定できません。

安定したお口の状態を維持するためにはなにより予防が大切です。

プロによるメインテナンスのすすめ

当院では、歯周病の治療で症状が改善した方には予防のためのメンテナンスをおすすめしています。

基本的には3カ月に1度、歯科衛生士による口腔清掃をお受けいただいております。日頃のブラッシングでは落とせない歯垢(細菌の塊)を歯科医院専用の機械と歯磨剤を使用して清掃します(PMTC)。

固くなった歯垢や歯石を除去することで歯周病の再発を防ぐとともに異常が生じても早期に発見することができるメリットがあります。

なにより治療と違って痛みがありませんので、美容院やリラクゼーション感覚でみなさまに来院していただいております。

当院のメンテナンスシステムはたいへんご好評をいただいており、ご予約をお取りずらい状況になっております。

PAGETOP