鶴岡市で歯周病に取り組む石田おさむ歯科医院は歯周病、インプラント、予防を専門としています
ブログ
  • HOME »
  • お薬で治す歯周内科治療

お薬で治す歯周内科治療

歯周内科治療とは

以前の名前は歯槽膿漏

歯周病は、以前は歯槽膿漏と呼ばれ不治の病と長年受け止められてきました。

歯科の2大疾患と言われているむし歯と歯周病は、細菌感染症であることはわかっていましたが、それらを根本から治す手立てがありませんでした。

大学で教わってきた歯周病治療は、歯石を取り除く方法や歯磨き指導がメインでした。

重症のケースになると、メスで切った歯ぐきをめくっては根の深いところまで露出させて掃除をするというものでした。 それでも、眼に見えて病状が改善するケースが少ないという現状に私も含めて多くの歯科医師は苦悶してきたのです。

感染症であるならば、どんな細菌がいるのか検査して効果のあると思われるお薬で治療するのがお医者さんの世界では当たり前の治療法ですよね。

傷をつくって腫れたり膿んだりしたら、消毒をすると同時に抗菌薬を処方します。皮膚科医が水虫を疑うと水虫に罹患していると思われる部分の皮膚を採取して顕微鏡で検査します。水虫菌が確認されれば抗水虫薬を使うのと一緒です。

お薬で歯周病を治す治療法

お薬で歯周病を治す治療法は、この点に着目しているわけです。お口の中(特に歯周ポケット)から採取した歯垢を位相差顕微鏡で拡大して観察すると、歯垢はそのほとんどがお口の中に生息している細菌であることがわかります。

お薬で歯周病菌を退治

細菌叢のなかに歯周病を発症するタイプの細菌を確認したら、それらの細菌に効くお薬を内服します。

1週間から10日程したらお薬の効果を判定するために再度、位相差顕微鏡で検査をします。その時点で歯周病菌が検出されないかまたは活動性を失っている状態を確認したら超音波の器械を使用して細菌の死骸や歯ブラシでは取れない歯石を取り除くためのお掃除をします。

病気を起こす病原菌がお薬で駆逐されれば炎症反応のひとつである歯ぐきの腫れや出血、口臭、お口の中のネバつき等は改善します。

ここで大切なのは、『お薬で歯周病菌が駆逐されて病気が治るのであればお薬さえ飲めばいいんじゃないか』という疑問にお答えすることです。

徹底的な歯石の除去

お薬で歯周病菌を駆逐できたら、その次に必要なことは徹底的な歯石の除去です。

歯石には歯の表面に付着する縁上歯石と歯の根に付着する縁下歯石があります。

なかなか取り除くのが困難なのが歯石ですが、特に歯の根に付着する縁下歯石を除去しないでいると歯周病の病状で厄介な歯の根を支えている骨が溶ける骨吸収が止まらないのです。  歯がグラグラしてくる原因がこの骨吸収です。

ですから、単にお薬を飲めばいいというものではありませんし、お薬なら内科医でも出せるじゃないかということになりますが、お薬で歯周病菌を駆逐した後に徹底したお掃除をする必要があるのです。

内科的歯周治療とは

お薬で歯周病を治す治療法を歯周内科治療または内科的歯周治療といいますが、適応症かどうかを歯科医が判断し、その後の処置をしっかりとする必要があるのです。

この治療を受けられない方もいらっしゃいます

また、この治療は誰でも受けられるというわけではなく、お薬を服用できない妊産婦の方や血液系の疾患がある方、ヘビースモーカーで禁煙が難しい方、以前にも同様のお薬を何度か服用している方などは耐性菌の発症等があり対象から外れる方がいらっしゃいますが、それ以外の方であれば従来型の歯周病と比較しても明らかに良好な結果が得られています。

歯周病はさまざまな全身疾患との関連も指摘されていますので、自覚症状が無いという方でも歯磨きをすると出血することがあったり、歯ぐきがムズムズする、口の中がネバつく、口臭があると言われるなど気になる点があったら歯科医院にご相談ください。

お薬での歯周病治療が適応とならない方には、お薬以外の方法での歯周病治療も可能ですので当院までお問い合わせください。

PAGETOP