鶴岡市で歯周病に取り組む石田おさむ歯科医院は歯周病、インプラント、予防を専門としています
ブログ
  • HOME »
  • 予防とは

予防とは

健康で長生きするために

診療室で日々診察していると、歯みがきをあまりしないにもかかわらずむし歯が無いという方に出逢うことがあります。

これとは反対に、食事のたびに三度々々歯みがきをしているのにむし歯の治療でしばしば受診される方もいらっしゃいます。こちらの方たちが圧倒的多数ですが。

むし歯になりやすい人となりにくい人

では、あまり歯みがきしないのにむし歯にならない人ときちんと歯みがきをしているにもかかわらずむし歯になりやすい人の違いは何でしょう?

歯みがき自体は、むし歯予防のためには必要なことです。むし歯になりやすい人が歯みがきしなかったら大変なことになります。

でも歯みがきをあまりしないのにむし歯にならないということは、むし歯にならない要素として歯みがきはいらないということです。

むし歯になる原因

むし歯になる原因の第一番目は、ご存知の方も多いと思いますがむし歯菌がその人のお口の中にいるかどうかです。

むし歯菌がいるかいないか

むし歯菌は歯の表面に付着して歯垢(プラ―ク)を形成します。むし歯菌は人間の食べ物に含まれる砂糖(ショ糖)を代謝して酸を作り出します。

歯垢の中が酸性になるとミネラル分が豊富な歯の表面は溶け出してしまうわけです。これが脱灰といってむし歯の始まりです。脱灰が進むと歯に穴があいて食べ物が挟まるようになったり、肉眼的にも認識できるようになります。

唾液の性状

次に唾液の性状があります。唾液にはむし歯菌の出す酸によって酸性化したお口の中を中性に戻す能力(緩衝能)があって、この能力が高い人ほど一旦ミネラル分が歯から溶け出してももとに戻すことができるのです。脱灰したミネラルがもとに戻ることを再石灰化といいます。たとえむし歯菌がいたとしても緩衝能が高ければむし歯は進行しにくくなるのです。

食習慣

3つ目は食事習慣です。むし歯菌の餌となる砂糖を多量に摂取する人はその分むし歯リスクが高くなります。お口の中が酸性の状態になりやすいためです。ただ前述したように唾液には緩衝能があるのである程度なら対応できるのですが、だらだら喰いや歯垢がつきっぱなしの状態では唾液の緩衝能もお手上げになりいつまでのお口の中が酸性となるので注意が必要です。

食後30分で歯みがきを

ちなみに良くある質問ですが、歯みがきは食後すぐがいいのか何分かしてからがいいのかということですが、唾液の緩衝能の働きを考えると食後30分程して再石灰化をうながしてから歯みがきをするとよいと言われています。ただ、30分待っている間に歯みがきを忘れてしまうようなら食後に磨くことを忘れない方がベターでしょう。

これらをまとめると、むし歯になるにはまずは

1.歯があること
2.むし歯菌がいること
3.砂糖を摂取していること
4.脱灰するまで時間

というポイントをつかんでおくことです。

歯が無い人にむし歯はありませんが、つまりはむし歯菌がいる場合はそれを排除するか、もしくは数を減らすこと。砂糖の摂取をコントロールすること。歯みがき習慣をむし歯予防に即した形にすることです。

健康で長生きをする秘訣は自分の歯

歯科医院では、これらの要因にアプローチすることで積極的にむし歯予防を行うことができます。健康で長生きする秘訣はいつまでも健康な自分の歯でおいしく食事を摂ることです。痛い時に通う歯科医院から、痛い思いをしないための歯科医院であることが将来においても歯科界として求められる本質的な姿ではないでしょうか。

乳歯のむし歯は放置していいの?

ヒトは乳歯から永久歯に生え変わるため、仮に乳歯がむし歯になっても抜けるまでそのままにしてても良いと思われることがあるようです。

乳歯がむし歯になったとしてもいずれ抜け落ちて、健康な永久歯が生えてくればそのままちりょうせず放置しても良さそうですが、実は後々大変な事になることがあるのです。

というのは、乳歯にむし歯があるということはむし歯になる環境がそのお子さんのお口の中に確立しているということです。

むし歯になりやすい環境?

むし歯になるにはいくつかの要因が重なって発症します。その要因を理解してむし歯になりやすい環境かどうか判断が必要です。

むし歯が発症するには、

1.むし歯菌がお口の中に住んでいるということ
2.むし歯菌が活動しやすい食習慣(おやつやジュースのダラダラ食いや不規則な摂食習慣等)
3.不十分な歯みがき習慣(歯みがきはしているけれど、歯垢が残っている)

これらの要素が重なってくるとリスクが高まりむし歯が発症するのです。

永久歯も虫歯になりやすくなる

むし歯になりやすいお口の環境のまま、つまりは乳歯にむし歯がある状態のまま永久歯が放出してくるとどうなると思いますか?

当然のように永久歯もむし歯になりやすいのです。

むし歯は乳幼児の時期から予防が大切なのはそのためです。

乳歯のむし歯は永久歯にも影響が及ぶ

大人は、むし歯かなと思ったり、痛ければ歯科医院を受診しますが、子供の場合大人が気づかないことが多いので、お子さんのお口の中に興味を持つか持たないかは、その子の将来を変えるほど重要なのです。

乳歯のむし歯を放置することは、永久歯をもむし歯にしてしまい、むし歯で苦労する大人にしてしまうことになります。

痛がらなかったとしても、生えかわるからと思っても乳歯のむし歯はそのままにせずしっかり治療をしてさらには予防を受けることが大切です。

【症例】

永久歯がむし歯のまま生えてきました 白いプラスティックの詰め物でむし歯治療
永久歯がむし歯のまま生えてきました。乳歯のむし歯がそのまま放置されて、 永久歯にむし歯がうつったのが原因です。 白いプラスティックの詰め物でむし歯治療をしました。その他のむし歯治療と予防が必要です。

お子様のお口の中をぜひ注意して見てください。乳歯のむし歯は放置しないでくださいね。

PAGETOP