こんな経験したことありませんか?

○食後は必ずと言っていいほど歯みがきするるのに、歯ぐきから出血することが多い。
○歯科医院では定期的にお掃除をしてもらってるけど、口臭がなんだか気になる

「出血」も「口臭」も歯周病の症状のひとつですが、歯周病は感染症と言われているように歯周病菌がお口のなかで繁殖して発症する病気です。

お口の中には何がいる?

お口の中にはたくさんの細菌(バクテリア)がいて、その種類は300とも400種類とも言われています。

この細菌が歯ぐきの表面や歯と歯ぐきの境目に付着して繁殖しプラ―ク(歯垢)という塊を形成します。

歯ブラシで落とせないバイオフィルム

形成初期は歯ブラシでも落としやすいのですが、時間が経つにつれてバイオフィルムという、とてもネバネバした膜を作って歯ブラシでは落としにくくなります。

むし歯菌にしても歯周病菌にしてもお口の中にいる細菌はお互いにスクラムを組んで、このバイオフィルムという何層にもおよぶ粘着性の強い壁をつくるのでみがいてもみがいても、歯ぐきの炎症が改善しなかったり、細菌の出すガスが口臭のもとになったりするわけです。

専用の器械を使ったお掃除が必要

このバイオフィルムは歯みがきをしてもなかなか取り除くことができないので、歯科医院で専用の器械を使ったお掃除が必要なのです。

また、一度お掃除をしてバイオフィルムを取り除いたとしても、時間がたつとまた元通り増えてしまいます。

歯みがきや歯科医院でのお掃除はもちろん必要なのですが、それだけでは歯周病菌を根絶するのは難しいのことなのです。