インプラント治療とは?

インプラント治療は、失った歯の機能を回復させる治療法のひとつです。

天然歯の歯根に変わるものとして、人工の歯根を顎の骨に埋め込みます。

その歯根に被せ物をかぶせることで再び噛み合わせつくり機能回復を図ります。

インプラントの
メリット&デメリット

メリット

●適応範囲が広い

1本の歯を失った場合から多数の歯を失ったケースまで適応可能です。

●歯を削る量が少ない

欠損した部位のみの治療で済むため、健全な歯を削る必要がありません。

仮に橋渡しの被せ物(ブリッジ)の治療では、欠損した部位を補うために少なくとも2本以上の歯を土台として削る必要があります。

●自分の歯のように硬いものが噛める

骨と結合(オッセオインテクレーション)したインプラントは、天然の歯のように硬いものが噛めるようになります。

●インプラント治療では、被せ物に天然の歯の色に合わせた白い素材(セラミックやジルコニア等)を使用するため、見た目の良い歯を装着することができます。

デメリット

●外科手術が必要となります。

歯を失った部位の顎の骨に人工の歯根を埋め込むため、外科手術を行う必要があります。

●術後のメンテナンスが必要になります。

天然の歯が歯肉炎や歯周病に罹患するようにインプラントもケアを損ねると炎症を起こしかねません。

天然の歯と同様に日頃のセルフケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアは欠かせません。

これはデメリットというよりは、インプラントで快適に長く過ごすために必要な日頃の習慣になります。

●治療期間が長い。

顎の骨に埋め込んだインプラント体が骨と結合する(オッセオインテグレーション)まで3~4ヶ月程度期間を置くことがあります。

そのため、ブリッジや取り外しの義歯による治療と比較すると治療期間が長くなる傾向にあります。

当院のインプラント治療

特徴1 

患者様の要望にできるだけ添うようにお話を充分にお聞きした上で、治療をご提案します。

特徴2 

世界有数のインプラントメーカーのものを使用しています。

インプラントメーカーは、多種多様でそれぞれ特徴がありますが、
そのなかで、当院では長く使用されていて信頼度の高いものを使用しております。

特徴3 

顎の骨の状態によっては無理な治療はせず、場合によっては義歯による噛み合わせや機能回復をはかります。

特徴4 

インプラント治療をご希望される場合でも、はじめにむし歯や歯周病のリスク管理を行い、
将来的にインプラントに炎症が起きるリスクを低減します。

また、インプラント治療が終了したのちは、長く快適にご使用いただくためにメンテナンスを受けていただき、
口腔内の管理をいたしております。