小児歯科では、お子様に定期的に来院していただき、お口の中が適切に成長しているかどうか観察していきます。

予防を積極的に行い、カリエスフリー(むし歯が全くない状態)を目指していただきます。

乳歯は永久歯よりも柔らかく、歯の溝が複雑であるため、むし歯になる可能性が高いのです。

そこで、当院では唾液を採取してむし歯になりやすさを調べるリスク検査を実施しています。

むし歯は食事や間食、歯みがきの習慣や仕上げ磨き、唾液の分泌など複数の因子が絡み合って発症します。

むし歯になりにくい環境を維持するためにも、石田おさむ歯科医院では定期的な検診をお勧めしています。

子供の歯の治療

石田おさむ歯科医院では、お子様とのコミュニケーションを大切にしながら、治療進めていきます。

歯医者=怖いというイメージを払拭できるようスタッフ一同、優しく、丁寧な治療を心がけています。

むし歯治療

お子様が万が一むし歯になった場合は、必ず治療が必要です。

穴が開くようなむし歯の場合は原因となっている悪い部分を削り、白いプラスチックを詰めることで処置します。

当院では、できる限り神経を残す治療を最優先としておりますが、痛みが酷い場合には、神経の処置を行う場合もあります。

歯みがき指導

お子さまの年齢とお口の状態に合わせて、歯科衛生士が適切な歯みがきの方法をお伝えいたします。

歯が生え始めると、まずは歯みがきを意識させる所からスタートします。

この段階ではしっかりと磨くことよりも、歯ブラシに慣れさせることを目的とします。

歯ブラシはヘッドが小さく、グリップが握りやすいものをおススメいたします。

2歳以降は仕上げ磨きを習慣づけていきます。

歯みがきの重要性や磨き方のコツなど、この段階からしっかりと教えていきます。

むし歯のないお子さまに育てるには、お父さん、お母さんが正しい歯みがきの方法を理解しておくことが大切です。

フッ素塗布

子どもの歯の乳歯は永久歯に比べると非常に柔らかく、むし歯に
なりやすいです。

そのため、定期的に当院にお越しいただくことで、初期のむし歯や
お口の問題を早期発見に繋げます。

むし歯予防の代表的な処置として、フッ素塗布があります。

フッ素とは歯そのものを強くする効果や、むし歯菌の働きを抑制する
効果があります。

フッ素を定期的に塗布することで、むし歯になりにくい歯を育てて
いきます。

お父さん、お母さんに知っておいてほしいこと

・なぜ定期検診が必要なのか?

定期検診の目的は、むし歯を見つけることだけではありません。

小さい頃から当院に通っていただくことで、ご両親の歯みがきに対する意識向上と正しい知識を習得していただくことを大きな目的としています。

お子さまの口腔内の健康を保つためには、お父さん、お母さんの協力が必要不可欠です。

だからこそ、当院ではご両親にも定期的にお越しいただき、年齢に合わせた正しい歯みがきの方法と予防の重要性を伝えるようにしています。

・垂直感染とは?

生まれたばかりのお子さまにはむし歯菌が存在しないことはご存知でしょうか。

では、なぜお子さまがむし歯になってしまうのでしょうか。

それはお母さんが原因となっていることが多いです。

むし歯菌は唾液によって、人から人へと移っていきます。

つまり、お母さんの口腔内の状態が悪ければ、お子さまのむし歯になるリスクが高まるというわけです。

当院では、お子さまだけではなく、お母さん、お父さんの定期的な検診を推奨しています。

お子さまの未来を守るためには、まずご自身の口腔内の状態を知ることから始める必要があります。